Rethink FUKUOKA PROJECT 『LGBTって何だろう?〜同性婚って知ってる?〜』

「福岡」を舞台に、異なるジャンルで活躍する企業や人々を有機的につなぎ合う、Rethink FUKUOKA PROJECT。

このプロジェクト内で、サイノウがプロデュースする第九弾イベント『メディアのこれまでとこれから』を「Rethink CAFE」で開催しました。

<ゲスト紹介>

名前:あなたののぶゑ
本名:三浦暢久
九州レインボープライド代表
あなたの のぶゑ (暢久 のぶゑ 三浦)
31歳の時にカムアウトし現在オープンリーゲイとして活動を開始し、アロマヒーリングサロンを運営し3月13日で7周年を迎えるサロンでは アロマヒーリング及びカウンセリングも実施し、これまで 2000人近くのカウンセリングの実績を持つ、現在では 同性婚・平等婚の当事者サポート団体「MarriageRings4LGBT」・LGBT啓発イベント「九州RAINBOW PRIDE」の代表を務める

山下 敏雅
弁護士 東京弁護士会所属
2003年(平成15年)10月弁護士登録,川人法律事務所,弁護士法人東京パブリック法律事務所(公設事務所)での勤務を経て,現事務所設立。
一般民事・家事事件・刑事事件のほか,
・ 過労死・過労自殺・労災事件(損害賠償,労災申請,行政訴訟)
・ 子どもの事件(少年事件・虐待事件・学校災害・未成年後見等)
・ 脱北者支援
・ LGBT・セクシュアルマイノリティ支援
・ HIV陽性者支援
等に取り組んでいます。

 

【LGBTって何?】

「多くの人にLGBTのことを知って欲しい」(あなたののぶゑ)

みなさんはLGBTという言葉を耳にしたことはありますか??
LGBTとは、女性同性愛者(レズビアン)、男性同性愛者(ゲイ)、両性愛者(バイセクシュアル)、性同一性障害を含む性別越境者など(トランスジェンダー)の人々を意味する頭字語です。最近は、日本でもよく耳にする言葉となりましたが、まだ日常的な身近さを感じたことがない人がほとんどかと思います。でも、実はLGBTの方は日本の人口の7.6%存在すると言われています。40人のクラスだと3人はLGBTだということです。

九州でもLGBTをテーマに多くの取り組みがなされてきましたが、その中でも注目を浴びたパレードを開催した州レインボープライドの代表であるのぶゑさんを今回はゲストの1人目としてお呼びしました。

31歳の時に、カムアウトしたのぶゑさんは、その人柄からか多くの人に愛される存在となっています。何かあればのぶゑさんに相談に行こうという風潮は福岡ではあって、これまでにどれだけ多くの人が相談に行ったのかは測りきれません。

 

「法的にLGBTを見ることの大切さ」(山下敏雅)

ゲストの2人目は、現役弁護士として東京で活躍されていてる山下敏雅さん。
山下さんは、LGBTに関連する案件を中心に活動しており、イベントの中では弁護士的に見るLGBTのお話や実際にあった案件の話などをしてくださいました。

普段、弁護士という立場の方からお話を聞くことすら少ない参加者は、山下さんの話に食い入るような姿勢で聞いていました。