”良いもの”を読者に届けるだけ。Rethink FUKUOKA PROJECT 『メディアのこれまでとこれから』

「福岡」を舞台に、異なるジャンルで活躍する企業や人々を有機的につなぎ合う、Rethink FUKUOKA PROJECT。

このプロジェクト内で、サイノウがプロデュースする
第八弾イベント『メディアのこれまでとこれから』を「Rethink CAFE」で開催しました。

 

<ゲスト紹介>

S__38494244

ヨッピー
フリーライター
関西学院大学卒業後、商社勤務を経てフリーライターに。大手企業、自治体とのコラボ案件多数。「インターネットで一番数字を持っているライター」などと言われるが基本的にはIQの低い記事しか書いていない。銭湯好き。
サトウヨウスケ
全国紙記者
全国紙の記者として12年間勤務。これまでに東京、大阪、福岡で企業取材のほか、農産物流通、コモディティーマーケットなど幅広く経済分野を担当した。現在は主に福岡の市政や製造業、中小ベンチャー企業の取材に従事。

 

【マスメディアとネットメディアの違いって?】

「今がネットメディアの過渡期です」(ヨッピー)

170121_232

みなさんは、普段からどのくらいメディアと呼ばれるTV,新聞,Webサイトなどの情報媒体に接しているだろうか?職場や家ではもちろん、電車やバスを待つ数分間でもメディアに触れている人は多いのではないか。

芸能人の不倫から、大統領選挙までありとあらゆる情報がメディアでとりあげられ、私たちの生活の一部のように身近なものになっている。メディアと一言に言っても、多くの媒体と内容が溢れかえっている現代。そんなメディア界で活躍するお二人を今回はお呼びした。

まず1人目は、ヨッピーさんこと豊田ヨピ夫さん。
参加者のほとんどの方はヨッピーさんを求めて会場に足を運んでくれたのではないだろうか。
フリーライターとして、様々な”バズる”コンテンツを世に提供してきたヨッピーさん。最近では、昨年末(2016年末)Webメディア界に激震が走った『WELQ問題(*1)』にて、ー(いち)メディア人として様々なことについて意見や取り組みもされている。
ネットメディアの業界では知らない人はいない、中には『ネット界の神』という人もいるほどのお方。
イベント前から会場の参加者と触れ合う姿勢からは、ファンのことを大切に思うヨッピーさんが感じられた。

(*1)『WELQ問題』について知りたい方は今回の記事で紹介させていただいたよっぴーさんの記事「炎上中のDeNAにサイバーエージェント、その根底に流れるモラル無きDNAとは」を参照ください。

 

「事実を届けることに全力を注いでいる」(サトウヨウスケ)

170121_072

もう1人のゲストは、新聞記者として活躍中のサトウさん。

サトウさんはヨッピーさんとは真反対とも呼べるほど、同じ業界にいながら違う発信の仕方をしている方だ。決められた枠の中で、5W1Hの事実を基本とした文章を書き上げていくことを専門としているのが新聞記者である。
「新聞記者はやめたほうがいいのでは?」という開口一番のヨッピーさんの言葉にも怯むことなく、新聞記者の立場として、対談をしてくださった。記者のいいところは、経済的に安定して文章を書けること、教育がしっかり成されることなどをあげてくれた。教育については、ヨッピーさんも納得しており、新卒で若い人が文章を書くことを職業にしていく場合は、最初は記者になってきちんとした教育を受けることは良い選択かも、とおっしゃっていた。
よく、大手かベンチャーかと就活生が口にしているが、メディアの世界でも同じ悩みがあるものだと、改めてこの逆の立場にいるゲストを呼べて納得した部分があった。