パズルのピースがはまった時に作品ができる。Rethink FUKUOKA PROJECT -エンタメの本質とは?-

「福岡」を舞台に、異なるジャンルで活躍する企業や人々を有機的につなぎ合う、Rethink FUKUOKA PROJECT。

このプロジェクト内で、サイノウがプロデュースする
第六弾イベント-エンタメの本質とは?-
を「Rethink Books 本とビールと焼酎と。Rethink with Ploom Tech」で開催しました。

<ゲスト紹介>

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-19-19-14

木綿達史 Tatsushi Momen
'73 年 石川生まれ。KOO-KI代表取締役。 映像ディレクター。
代表作は、スジャータ(TVCM)マルコとマルオの7日間(TVCM)平井堅 切手のないおくりもの(MV)関ジャニ∞ T.W.L.(MV)TEDx Fukuoka 夫婦喧嘩を一瞬で回避する方法(プレゼン)など。ショートアニメシリーズ「SUSHI POLICE」絶賛発売&レンタル中!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-19-19-21

眞鍋海里 Kairi Manabe
BBDO J WEST コンテンツプランナー。
1982年宮崎生まれ。従来の広告手法にとらわれず、映像、デジタル、体験型コンテンツと”コンテンツ発想”を軸に様々なアイデアで話題を仕掛けるコンテンツプランナー。
AUTOWAY「雪道コワイ」からのシリーズ動画は全世界で1500万再生を誇り、その他、最近だとSUNTORY「集中リゲイン」、KIWI「ハイパーキックOL」、HOME’S「KEY OF LIFE」などの話題作を手がける。

 

エンタメの本質とは?〜誰かを楽しませたいという思い〜

「おっさんなのに乙女なんです(笑)。」(木綿達史)

161108_128

”すべて人間は、知ることを楽しむことを求めることが本性なり”

かのアリストテレスもこのような名言を残しているように、人間は何か新しいものを知りたがり、それを楽しむことを常に求めている。
今回のRethink FUKUOKA PROJECTのテーマは「エンターテイメント」である。人々を楽しませ、感動させ、魅了させるコンテンツを創造し、世の中に新たなエンターテイメントを生み出し続けるゲストをお呼びした。

1人目は、KOO-KI代表取締役の木綿達史さん。KOO-KIは福岡を代表する映像制作の会社で、2020年東京オリンピックの招致の国際PR映像を作ったことでも有名だ。(KOO-KI→http://www.koo-ki.co.jp/)また、木綿さん自身も数々の有名な作品に携わっており、TEDxでプレゼンターとして登壇されたこともある方だ。
そんな木綿さんからの自己紹介とトークで始まった今回のRethink FUKUOKA PROJECT。これまで手掛けてきた様々な動画を見せながらの自己紹介となったが、テーマは、「木綿さん!おっさんなのに乙女?!」である(笑)。ディズニーをイメージさせる動画を流しながら、乙女心を忘れないために、たまに女性向けのファッション誌やディズニー系の動画を見ることを心がけているという話が印象深かった。また2013年のTEDxでプレゼンした「夫婦喧嘩を一瞬にして回避する方法」についても触れてくださった(笑)。ユーモアあふれる素敵な方だ。(TEDx→https://www.youtube.com/watch?v=j8SmxlhY9wM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です